間違えて削除した場合|データ復旧は自力でやるよりプロに依頼がベスト
男の人

データ復旧は自力でやるよりプロに依頼がベスト

間違えて削除した場合

PCを見る女性

うっかりミスの場合も同じ

パソコンを使用している場合、特にワード等を使用している場合などは結構多いケースなのが知らない内に、またはうっかりミスで、そして変換ミスによる削除です。当然、削除すれば消えてなくなる訳ですから復元する事など不可能であるはずですが、文明の利器とも言えるパーソナルコンピュータの場合は、そんなうっかりミスであってもしっかりと対処できる機能が付いている訳です。つまりはデータ復元と言われる機能がそれに当たります。またメールソフトでもそうです。そして他のデータでも同じようにデータ復元が出来るように機能があります。特にワードの場合、パソコン初心者に良く見られるケースでもあります。書き込んでいた文章の最中に、漢字に変換するつもりが何処かのキーを押し間違えて、いきなり開業した場所から一気にその段落の文章数行が消えてしまったと言う場合です。

様々な失敗に対処

ワードの場合の数行の文章が何等かの状態で消えてしまった場合、当然のように、新ためて文章を書き込むしか普通ではない訳ですが、コンピュータはそんな失敗でも、しっかりと元の文章を記憶していると言う事です。つまりは、元に戻すと言うスタイルでデータ復元が出来ると言う事です。うっかりミスで消えてしまった数行の文章の元に戻す方法が、ワードの場合は、左上に左に曲がった矢印と右に曲がった矢印の二つがあります。このマークを使用して消えてしまった文章を元に戻すと言う事が出来る訳です。左側にある左に曲がった矢印がデータ復元のマークと言う事になり、過去を遡ると言う事になります。このマークがブルーに点灯している間は間違って削減してしまった文章を遡っデータ復元が可能である訳です。一度クリックすれば、直近の文章が戻って来ます。更にクリックすれば、その先のデータが復元できると言う訳です。